【ウルトラマンティガ】怪獣が予言してた現代のハロウィン事情

ウルトラシリーズ

さて、今年もこの日がやってきました。

 

10月31日。そうです、ハロウィンです。

 

今やクリスマスやバレンタインのように日本の恒例行事となったこの日。

 

仮装する大人、お菓子を貰う子供たち…それぞれが思い思いの楽しみ方をしていると思います。

 

同時に大規模イベントが開催される昨今。

 

盛り上がりと同時にマナーの悪さもメディアで取り沙汰されます。

 

規模が大きくなればその分問題も大きくなるのはどんな行事でも同じですが、なぜハロウィンだけこんなに注目されるのでしょうか?

 

特撮作品からひも解いてみると一つだけ考えさせられる怪獣がいました。

 

特撮史のなかでも希少な、ハロウィンに関連したキャラクター。

 

ウルトラマンティガ 第8話 「ハロウィンの夜に」に登場した『異次元人 ギランボ』を紹介します。

 

ハロウィンだけでなく「子供と大人の夢」についても触れられており、現代社会のハロウィンを皮肉った一作となっています。

 

 

 

 

そもそもハロウィンとは?仮装する理由は?

ハロウィン=仮装してお祭り騒ぎというのが我が国日本では常識になっていますが、そもそもハロウィンとは何なのか?なぜ仮装するのか?先に説明しておきましょう。

 

 

ハロウィンの起源はヨーロッパで、古代ケルト民族のお祭りと言われています。

 

 

古代ケルトでは11月1日が新年の始まりと言われており、前日の10月31日が大晦日にあたります。

 

 

10月31日は死者の魂が現世に戻ってくると言われており、その死者の中には先祖だけでなく悪霊も交じってやって来て、現世で悪さをしたり生者をあの世に連れて行こうとします。

 

 

現世で生きている人たちは、仮面を被ったり仮装をしたりして悪霊に気づかれない様にすることで災いから逃れようとしたのです。悪霊を脅かすという意味合いも込められていました。

そもそもハロウィンとは?仮装する理由は?

https://www.irasutoya.com/2014/03/blog-post_4745.html

 

これがハロウィン=仮装の由来です。

 

 

ちなみにハロウィンのシンボルといえばカボチャ🎃

 

 

いわゆる「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれるものですが、これにも由来があります。

 

 

「ジャック」とは、アイルランドの物語に登場する男の名前です。

 

 

生前悪さばかりをしていたジャックは、自身の魂を奪おうとやってきた悪魔さえも騙していました。

 

 

ジャックは死後、地獄の入り口で自身が騙した悪魔と再会。(騙していたとはいえ)「魂をとらない」と悪魔と約束してしまったジャックは、魂が奪われなくなり地獄にすら行けなくなってしまいます。

 

 

死んだ後も現世に留まるしかなかったジャックは、悪魔から貰った炎をカブの中に入れランタンとして使い、闇夜を歩き続けるのでした。

 

 

後にハロウィンがアメリカに伝わった際にカボチャへと変わったそうです。

そもそもハロウィンとは?仮装する理由は?

https://www.irasutoya.com/2014/10/blog-post_96.html

 

 

今の世の中ではハロウィンはコスプレイベントのような扱いとなっていますが、元を辿れば日本のお盆のような神聖な行事だったわけですね。

 

 

 

 

異次元人 ギランボとは?

毎年ハロウィンの夜になると、世界中のどこかで子供が行方不明になるという事件が発生。

 

 

とある場所で異常な磁場を観測した防衛チームGUTSガッツは、そこが日本でも有数のハロウィンに力を入れた街だということに気が付く。

 

 

現地調査に訪れた隊員たち。

 

 

主人公「マドカ・ダイゴ(演:長野博)」はそこで子供たちにキャンディーを配る魔女に出会います。

異次元人 ギランボとは?

https://minkara.carview.co.jp/userid/343721/car/2552826/4795056/1/photo.aspx#title

 

そう、この魔女こそがハロウィンの日に子供たちを誘拐し続けていた真犯人でした。

 

 

魔女は誘拐した子供たちの「夢」のエネルギーを吸い取り、夢を吸い取られた子供は顔面蒼白となり気力を全て無くしてしまいます。※「呪怨」のとしおくんみたいなイメージです。

 

 

「夢」を失い抜け殻となった子供たちを、魔女は「夢の墓場」という荒れ地に捨てていたのでした。

 

 

魔女が配っていたキャンディーには細工がしてあり、食べた子供に「夢遊病」のような症状を引き起こして自身の元に誘き寄せ、やってきた子供たちの夢を食べていたのです。

 

 

その魔女の正体こそが「異次元人 ギランボ」です。

https://www.pinterest.jp/pin/611293349391002952/

 

肩書きの通り、異次元に住む生命体で、次元を超える・分身するなどのトリッキーな戦法でウルトラマンティガを苦しめました。※余談ですが、モチーフはハサミだそうです✂

 

 

次元を超えることによって世界各国に出現し、子供の「夢」を食料としていたわけです。

 

 

文字通り、「夢を食い物にする」存在です。

 

 

ちなみに、子供ばかりを狙う理由については、本人曰く

 

 

『大人の夢とは「欲望」であり、腐っていて食べられたものじゃない』とのことです。

 

 

添加物を使った食品が身体に悪く、自然で育った食品が美味しいように、ギランボにとっては「天然物の純度100%フレッシュな子供の夢」こそが重宝すべきものものなのでしょう🤔

 

 

 

ギランボの言う「大人の夢」がハロウィンに及ぼしたもの

今年はコロナの影響で大規模なイベントは自粛する動きとなっているようですが、毎年この日になると全国各地のハロウィンイベントの模様が放送されています。

 

 

それぞれが思い思いの仮装をして街を練り歩く。

 

 

毎回仮装のクオリティの高さに驚かされますが、同時に問題視されてくるのがイベント参加者のマナーです。

 

 

特に「渋谷ハロウィン」が毎年大きな問題になっているでしょう。

 

 

元々は渋谷区の非公認で行われていたものがどこからか「ハロウィン=仮装=渋谷」という図式となり大規模なイベントとなりました。

 

 

本来だったら子供が楽しむべきだった行事が、今やゴミのポイ捨てや逮捕者で大きな問題となっています。

 

 

特にインパクトのあった問題と言えば、2018年の「軽トラック横転事件」ですよね。

 

 

この辺りから警備も厳重になり、渋谷区も1億円規模の税金を投入して対策にあたるくらいです。

 

 

それでも問題は山積みであり、盗難や暴行などの事件は後を絶ちません。

大人の夢がハロウィンに及ぼしたもの

https://sugaropenarea.com/normal/2654/

人混みはまるでウォーキング・デッド。ある意味ハロウィンに適しています…。

 

 

渋谷センター街理事長の「変態仮装行列」発言も記憶に新しいところです。

 

 

ギランボが劇中で言った『大人の夢とは「欲望」であり、腐っていて食べられたものじゃない』発言。

 

 

もちろん純粋にハロウィンを楽しみたい人もたくさんいらっしゃいます。

 

 

でも中には、「自分もハロウィン楽しみたい」→「人より目立ってやろう」と暴走してしまう人の方が目立ってしまい、ハロウィンイベントに悪しきイメージが付いてしまっているのが事実です。

 

 

「大人の夢」=「欲望」

 

 

確かに色んな知識がついて自分の力である程度夢を叶える力を持っている大人は、一つの夢が叶えばまた新たな夢を欲します。それがいつしか「理想の夢」から「叶えられる欲望」となってしまうのでしょう。

 

 

それがたまたまハロウィンに当たってしまったということでしょうか??

 

 

 

 

まとめ

渋谷を始めとしたハロウィンイベントは夢と欲望が渦巻いています。

 

 

どんなトラブルが起こるかも分からないイベント。そのたびに税金や人員が割かれるとなるとなんだか複雑です。

 

 

ですが一人一人のマナーとモラルを守った行動で「欲望の巣」から「夢の世界」へ変えることはできます。

 

 

ギランボが何気なく発した「夢」に関する価値観は、現代のハロウィン事情について考えさせられる部分がありました。

 

 

今年のハロウィンもあと数時間。

 

 

今年は色々制限がありますが、ルールを守って素敵な一日を過ごしましょう。

 

 

そして来年はより素敵なハロウィンが開催されることを願っています。

 

まとめ

https://theschirmfirm.com/happy-halloween/

 






コメント

  1. erotik より:

    If you want to use the photo it would also be good to check with the artist beforehand in case it is subject to copyright. Best wishes. Aaren Reggis Sela

  2. porno より:

    In order to help your knowledge about football you should study the different teams, the conferences and the divisions they play. Rubia Josh Sibie

  3. erotik より:

    Hi there to all, the contents present at this web page are actually remarkable for people knowledge, well, keep up the good work fellows. Tani Lalo Zorina

  4. erotik izle より:

    Hi, after reading this awesome piece of writing i am as well cheerful to share my know-how here with friends. Pamelina Henderson Cathrin

  5. erotik izle より:

    Pretty! This has been an extremely wonderful article. Thank you for supplying these details. Bernette Haydon Sherl

  6. watch より:

    You made some respectable points there. I seemed on the web for the issue and found most people will go together with along with your website.

タイトルとURLをコピーしました